サラワク川委員会のスタッフからインタビューを受けました. Nurul Atikah Rosli が仕事に行く途中で乗っていた採掘船は